FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

性感マッサージ体験者の女性の生の声(その4)

偶然?意図的? 投稿者:りら 投稿日:1月29日(火) 1時29分23秒

皆さんが体験しているような、すごいことは起きなかったんですが、偶然が重なり、感じてしまった体験を書きます。
私は27歳、未婚の女です。
事務職をしていて、毎日かなり肩が凝るので、デパートの一角にあるマッサージルームに立ち寄って帰ることにしました。
そこは、以前も一度利用したことのある、超健全なお店。
パジャマみたいなのに着替えて、服の上からするマッサージです。
以前は若い女性の方が施術してくれたのですが、今回は若い男性施術師。
取りあえず、以前と同じようにブラだけ外してパジャマに着替え、ベッドにうつ伏せになって待ちました。
マッサージ師さん(横田さんとします)が挨拶をして、特に凝ってるところなどを聞かれ(肩と腰と足と答えました)施術開始。
はぁー気持ちいいー。と夢心地でマッサージしてもらっていると、横田さんの手が背中に来て、一瞬動きが止まりました。

背中をヤケに丹念にマッサージするな。気のせいかな。
横田さんの手が段々したの方をマッサージ。背中から腰にかけてです。
ここもかなり凝っていたので思わず、はぁとため息。
ここで、ベッドの横に私の手がだらんと落ちてしまい、戻そうと動かしたら、なんと横田さんのアソコにヒット!
そして驚いたことに、アソコはカチカチ状態!!何故?!
あとで聞いた話によると(本人から聞いた)普通はブラを取らないらしい。
パジャマも、かなりスケスケの素材で、パンティもしっかり透けていたらしい。
気がつかなかった!!
さらにこのお店、若いひとはあまりこなく、ほとんど客はオバチャンだということで、あたしが挑発してるのかと思ったと言われた。
そんなつもりは毛頭なぃ!
と、そんなカチカチのアソコで施術してたなんてそれまで気付かず(目を閉じていた)触ってしまったから、なんか変な気分…。
客とマッサージ師という安心感で、はぁなんてため息ついていたけど、そんなエロ目線で見られていたかと思うと、普通に触られていても、愛撫みたいに感じちゃうんですか…!
しかも、勃ったアソコが気になっちゃって、ドキドキ。
『次は仰向けになってください』って言われ、ベッドの上で仰向けに。
目が合いそうで、恥ずかしくて目を閉じちゃった。
手は上を向けて、ベッドのふちギリギリにおいた。
仰向けになって、肩をまた揉まれだして、なんか前と違う気がした。
仰向けで、肩って揉んだっけ?
そのうち、衣服が胸の先っぽに擦れて、だんだん敏感になってきちゃった。。
もう完全に尖って固くなっちゃった乳首。
規則的に擦れる刺激。
横には勃起してるであろうプロのマッサージ師。
あたしの手の先、3センチさきにあるであろう彼のアソコ。
もー心臓バクバクで、死にそうでした。
そんなあたしの心音を聞いてか聞かずか、横田さんのてが段々胸のマッサージに。
と言っても、ホントにマッサージなんだけど。
立った乳首のよこギリギリに(たぶん)親指があって、たまに爪先が際どく触れてくる。
わざと?偶然?
もー、こっちは気が気じゃなくて、ぐしょ濡れ。。。
横田さんがたまに、ベッドに体を押し付けるようにすると、あたしの指先も彼のアソコにすこし触れる。。。
硬く勃起してる。
あたしの乳首、でも決してちゃんと触ってくれない。
指先で、かすめるくらい。
もどかしすぎて、限界で、あたしが少し手をずらしたふりして彼のアソコをもー少しだけ大胆に指先で触れてみた。
それを合図みたいに、横田さんもあたしの乳首をてのひらで包んで転がす。
もー、お互いこーなっちゃったらイケナイのに止まんないって感じで、エッチな触り合い開始。
片手で口を塞がれながら、もう片方の手で、あたしのクリを擦ったり中に指を入れたり。
でも、さんざんじらされたからあたしのアソコは敏感になりまくってて、10秒くらいでイッちゃった(汗)
この間、激しいような雰囲気だけど、バックではリラクゼーション音楽が流れ、パーテーションでしきられた隣にもお客さんはいるので、超静か(笑)
たまに、はぁとか、あっとかは小さく言ってたかもだけど、バレてない。ハズ。
手で口を塞がれてたしね。
イッちゃったら、急に我に返って、死ぬほど恥ずかしくて、どうかしちゃうかと思った。
横田さんも我に返ったようで、用意されてたタオルをあたしに渡してくれた。
そのとき、ピピピピって終了のアラーム。
救われた。
横田さんのアソコも、いつの間にか元に戻ってた。
中途半端にして、ごめんなさい(汗)
そのあと、待合室で横田さんが来てくれて、謝られた。。
そこで、初めにいった事情が明らかになったのですが、(あたしがブラをはずして挑発してるのかと思ったってやつ)確かに、パンティも黒のヒモの少し勝負気味なやつで(偶然です)、無防備にあっとか声を出しちゃってて(油断してました)、なんか変な空気にしたのはあたしかも。。。
逆に、こっちがスイマセン。
年の近い感じが、また油断しちゃった。
でも気持ちよかったよ☆



オイルマッサージで 投稿者:(無名) 投稿日:1月12日(土) 23時41分31秒

32歳の主婦です性感マッサージに興味がありましたが恥ずかしくて体験
する機会がありませんでした、ある時フリーペーパーで男の方がやって
いるオイルマッサージの店を見つけ予約して行ってみると私と同じ年齢
位の先生でした、【普通のコースとオイルのコースどちらにしますか?】と
聞かれ心臓が止まりそうな位恥ずかしかったのですが【オイルコースを】
と告げると、先生に【これに着替えてタオルを掛けて待っていてください】
と籠を受け取り袋に入った紙ショーツを出すとなんとTバックです、
紙ブラとTバックに履き替えるとクロッチの部分がかなり細くずれると
アソコがはみ出しそうです、変な期待をしている私はその時点で少し
濡れだしました、先生が部屋に入ってくると背中からマッサージをはじめ
【外しますよ】と紙ブラの結びを外しました背中が終わり、ブラを結び直し
仰向けになり肩やデコルテをマッサージしているとき先生手が胸のふくらみ
まできました、それからお腹に移り円を書くようにマッサージをはじめ
恥骨の付近までマッサージされ私は反応し始めアソコが洪水状態です
私が反応している姿を察知した先生は【胸もやりますね?】と言い出し
返事をしない私の紙ブラをずらし胸を出て背中の結び目をとりました
恥ずかしさで目をつぶっいると先生が胸のマッサージをはじめさらに刺激さ
れた私のアソコは大変なことになっています、
上半身が終わり仰向けで下半身がはじまりひざ下が終わると先生が
私のお尻にかかっていたタオルを取りました、
私は洪水状態のアソコのことが気になっています、ももの裏からお尻まで
スライドした手がTバックの紐を押し上げクロッチがアソコに食い込むよう

なりましたアソコの回りのお肉がはみ出している雰囲気です
その時先生が私の股を広げお腹に枕みたいな物を入れたのでお尻を
突き出す格好で内もものマッサージを始めました
アソコはやっと隠れている上体で周りのお肉ははみ出していると思います
先生の手はももからアソコの脇ぎりぎりまでスライドしています
愛液でベチョベチョになっているのにもきずいている筈です、スライドする
たびに内側により食い込んでいるアソコの部分まできます
アソコに触れられるたびに私はピクピク反応していました、先生はTバック

紐をずらし【少し感じちゃったね】と言ってティッシュで私のアソコを軽く
拭き取ってショーツを戻そうとしたとき【ごめんティッシュが残っちゃっ
た】
と言ってショーツをずらしアソコをもろに出して指でじかにさわり出しまし

私はその時点で理性がなくなっていたので
【取れますか?】と先生の行動を受け入れると先生は【もう少し足を広げ
て】
と言ったので私は枕を縦にしてもっとお尻を突き出しおまたを広げると
先生の指がアソコを刺激し始め【乾いて中の方についちゃってる】と言った
ので私は【こまる】と私が言うと【舌で濡らしてみるね】と先生は
私の股間に顔を寄せて舌で舐め始めました、この時点でSEXの前戯状態
です、先生は舌で舐めまわし私はそれを受け入れています
私の体は少しずつ下にずらされ施術台から足が落ちるくらい下げられ
舌を離した先生が私の腰を手で押さえ私のアソコに自分の物を少し挿入
して【ここもマッサージしますね】と行ったので私は分かっていながら
【どこですか】ととぼけて聞くと【ここですよ】と深く挿入してピストンを
はじめ
安全日だった私は【中に出して】と旦那にもさせない中だしを許可すると
私と相性がいいのかイッタことの無い私が始めてSEXで絶頂を迎えました
一回戦を終えた私は先生のアソコにしゃぶりつき大きくして
先生を仰向けにして自分が上になり激しく腰をふり再度絶頂を味わいました



だんだん 投稿者:匿名 投稿日:1月10日(木) 0時30分21秒

普通のマッサージが突如エロいマッサージになりました。それでも先生は表情変えず淡々とマッサージをします。
いつのまにか服をまくりあげ、お腹のマッサージといい、お腹を指圧しています。
その手がぐんぐんと上に。
「次はおっぱいのマッサージします」と先生。
おっぱいを回すように揉む先生。「リンパの流れをよくします」と先生。
恥ずかしい私、声がでちゃう。すごく感じちゃいました。
でもまだまだ終わりません。
次は「乳首のマッサージ」
乳首だけを優しく手で刺激したり、舌で刺激して、私があまりにも感じてしまいピクン動くと「動かないで下さい」と冷たく先生がゆう。
そしてついに下半身も脱がされ、アソコのマッサージにはいりました。
「濡れてますよ」って先生がいいながらアソコの中に指を出し入れするので、気持ちよくなってしまい、先生のをいれてもらってしまいました。
感じすぎてやばい一日でした。
スポンサーサイト
[ 2010/05/29 02:10 ] その他 | TB(0) | CM(0)






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。